こんな違いがあったのか法人デビットカードの魅力!


決算書提出や与信審査無しでカード発行!

法人デビットカードの口座開設方法は銀行に法人経営者や個人事業主が、法人口座を開設したときに法人デビットカードを申し込むことで銀行が発行します。申込む際の必要書類として決算書の提出は与信審査が無いので不要です。申し込み後は銀行により扱う国際ブランドは違うことがありますが、銀行が用意した幾つかのクレジット会社の中から選びます。法人経営者や個人事業主はこれらのクレジット会社加盟店で、買い物をした場合このカードで決済することが可能です。ただカードの特性として利用すれば常に利用額が法人口座から引き落とされる仕組みです。通常の法人カードとは違いクレジット会社の立替が発生しないと言う特徴があります。これが法人デビットカードの与信審査が不要となる理由です。

限度額が大きく連動するWeb明細!

法人デビットカードは反社会勢力の会社などを除いて、一般的な会社であればほぼ発行が可能です。通常の法人カード審査で落ちる会社は、起業して間もないことや赤字決算の会社、返済事故を起こしている会社など様々です。しかし法人デビットカードはこのような状態の会社であっても、かなりの高確率で発行が可能です。また限度額が大きいのも魅力の1つで、1日最大で500から1000万円と設定されたものが多いことです。ただこれはカードを発行した銀行の法人口座に「お金さえあれば」のことと言えます。他にもカードの特徴として多くが、年会費永年無料なことや経理の手間が不要なことです。なぜなら明細は法人口座とリアルタイムのWeb明細で常に連動していることが理由です。

法人 デビットカードは年会費が無料のところも多く、発行までの時間も僅かですみます。銀行に残高があれば、使い方はクレジットカードと同じです。