早期返済は事業資金でも有効?どうやったら利息を減らせる?


利息を減らすために早期返済すべきか

会社の経営を健全に行うなら無借金経営がいいのでしょう。会社の業績が悪くなったとしても取りたてはないですし、利息がどんどん増えるなどもありません。ただ効率的な事業運営をする上では借入金を活用するのが良く、自己資金以上の経営ができればどんどん売上や利益を上げられるかもしれません。事業資金を借り入れで賄うと必要になるのが利息で、利息は借り入れ期間が長ければその分多くなります。利息を減らすために早期返済をした方が良いと考える経営者もいるようですが、返済をすればその分事業資金が減ってしまうので経営が小さくなる可能性があります。経営が順調で借入利率以上の利益率で事業が行えているなら、無理に返済を急がずに当初の計画通り返済すればよいでしょう。

金融機関からの信用で金利が決まる

個人がカードローンなどを利用しようとすると、金額や借入期間で自動的に金利が決められるでしょう。一方法人が事業資金を借り入れるときは金利はその都度設定されるケースが多くなります。一応金額と期間に応じた標準金利はありますが、信用が高ければ金利が下がるときもありますし、信用が十分でないと通常よりも上がるときもあります。金融機関からの信用を得るには、特に資金需要が無くても借入を定期的にしておくと良いかもしれません。借入の時には必ず審査があり、法人であれば財務諸表の提出などが必要になります。定期的に借りて返済をしておくと信用情報を上げる取引履歴や返済実績が上がり信用が高くなります。それにより金利が下がればコスト減につなげられます。

ネット上の募金システム「クラウドファンディング」は、事業計画を明確に提示することで支援者から事業資金を募ることができます。